ブログ

人は五感でブランド価値をキャッチする

実は最近
ForbesJapanで記事を

書くようになったのですが
そこで「識別記号」という言葉が出てきました。

そこで今日はこの「識別記号」とブランドの
関係について紐解きます。

ブランドのロゴマーク
の本領とは?

そもそも「識別記号って何?」という部分ですが
これはブランドのロゴマークが好例です。

Aを見たらBを連想する
というように

人が五感を使って
連想できるものの存在のこと

を指しています。
例えば

「ソフトバンクといえば=白い犬」
「ポテトの揚げる香り=マクドナルド」
「くびれボトル=コカコーラ」

などのことです。
ブランドのマークや色・形をみると
自然に連想してしまう。

ブランドロゴの本領は
その連想力にあるんです。

価値を連想できるくらい
イメージを定着させることが肝

例えば、「オレンジ・緑・赤=セブンイレブン」
を連想させることができれば

気分転換に
ちょっとコーヒー飲もうかな。

お腹すいたので
ちょっとお菓子でも買おうかな。

そんな購買真理を刺激することができます。

ブランドロゴの知覚価値って
消費意欲にダイレクトに結びついていたりするので

ものすごく価値のある存在なんです。
ということで

今日はゆるっと人は五感で
ブランド価値をキャッチするんだよというお話しでした。

ーーーーー

メルマガやLINE@で、PRのコツを発信中!

メルマガはHPの「メルマガ登録」から、登録できます。

LINE@はこちら 💌

(*デジタル時代の基礎知識『ブランディング』参照)

関連記事

  1. balance
  2. バリバリ鶏胡麻和え
PAGE TOP