ブログ

メディア

記者会見のカメラの数が、多いなと感じるワケ

記者会見にみる、カメラの数の不思議

新製品発表会など、○○会見と呼ばれるメディア向けの発表会。私自身もPR活動の中で、記者会見をセッティングすることがあるのですが、カメラの数ってとても多いですよね! 雑誌の数よりも、TV局の数よりも多くて、「なぜ、こんなにたくさんのカメラがあるのだろう?」と感じたことがある人も少なくないのではないでしょうか。そこで、記者会見のカメラ数が多い理由をPR視点で紐解きます。

キーワードは、番組ごとの独立性

テレビの民放キー局とNHKは合わせて6社しかいないはずなのに、記者会見を開くとカメラの数はたくさん。皆さんもそんな光景を、目にしたことがあるのではないでしょうか。

記者会見に出席するカメラマンが多い理由は、雑誌は編集部ごと・テレビは番組ごとに担当記者やディレクターがいて、メディアごとに独立性を持っているからです。今回は、この「○○ごと」というのが、鍵!

例えば、PR担当者でプレスリリースを送付するとき、「テレビ局でひとつ、出版社でひとつ」にしか送らない人がいるのですが、それはもったいない! プレスリリースは編集部ごと・番組ごとに送らなければ、本当に届けたいところに届かないんです。それくらい各メディアは独立性を持っています。

その代表例が日経です。「日経○○」て、聞いたことありませんか? 日経新聞・日経トレンディ・日経MJ・日経ビジネス・・など。一言で「日経」と表現しても、系列メディアはたくさん存在しています。だから「日経の担当者を、記者会見にご招待しました」と言っても、日経だけで複数のカメラマンが記者会見に出席します。その現象が連鎖的に起こるので、記者会見ではカメラの数が多くなる。皆さんがテレビで観る、記者会見時のカメラの多さは、ここに秘密がありました。

PR視点でお伝えすると、上記の場合でプレスリリースを送付するときは「日経のどのメディアに届けたいのか」を考えて、各媒体にプレスリリースを送らなければならないので注意が必要です。

他にも例えば、テレビ朝日の「○○番組」と「○○番組」と「○○番組」にプレスリリースを届けたいときは、各番組ごとに送付するんです。でも、それを知らない人は「テレビ朝日」に送ってしまいます。テレビ朝日に送った場合、番組に100%届かないとは言いませんが、届く確率はものすごく低くなります。

これに対して慣れているPR担当者は、細やかにひとつひとつのメディアにプレスリリースを送付する。雑誌ごと番組ごとに独立性の重要性を知っているからこそ、プレスリリースの送付先をじっくり時間をかけて選んでいます。

PRは広告とは異なります。広告費をかけずに、メディア掲載を狙うのがPRです。でも裏を返せば、PRとしてメディアにアプローチしてみても、掲載可能性はいつだって不確定なんです。

それでもPR慣れしているPR担当者が、メディア掲載に繋げるヒット率が高いのは、PRの基本ルールを心得ているから。

メディアに対する人脈はそれほど関係ありません。人脈がなくても、PR手法を心得ていればヒット率は上がるんです。これからプレスリリースを送付しようかなと考えている方は、ぜひ、雑誌ごと・番組ごと・新聞ごとに細かく分けて、送付してみてくださいね!

ーーーーー
メルマガやLINE@で、PRのコツを発信中!
メルマガはHPの「メルマガ登録」から、登録できます。
LINE@は「@mirai-image」で検索してね💌

 

 

 

関連記事

  1. KINU flower
  2. オンライン飲み
  3. Forbes
  4. オンラインセミナー
  5. スパイス
  6. 一瞬一瞬の積み重ね
PAGE TOP