ブログ

映画

映画『ラストレター』にみる、岩井俊二監督の世界観

普段、仕事をしていると、漠然と「ライターになりたいです」「編集の仕事がしたいです」「プレスリリースを上手に書けるようになりたいです」と言われることがあるのですが、そういう方に毎回お伝えするのは「映画をたくさん観るといいよ」ということ

ライターは言葉を、編集は構成を、PRは両方を扱う。
どちらかひとつのスキルではダメで、PRは両方のスキルが必要な世界。

その点、映画は約2時間という時間の中で、すごく良くストーリーが出来上がっている。決められた時間の中に盛り込むストーリー構成は、映画ほど勉強になるものはないと思う。

観ている人をハラハラさせ、ドキドキさせて、涙して。時には震え上がらせる構成力は、学ぶところしかない。映画って、文章を書きたい人にとっては最高の教科書なんです! そして…

映画を観るとき、ストーリーに集中するのもいいけれど、”構成”を観るという視点で、映画館にぜひ足を運んで欲しい。

構成に意識を向けると文章がグッと上達します。だから私は定期的に映画に足を運ぶのがマイルール。今、上映されている岩井俊二監督の『ラストレター』も、さすがの世界観と構成力で心が奪われてしまいました。

単純に、この1本のストーリー構成を研究するも良し。これまで岩井俊二監督の映画を観てきた人なら、胸が締め付けられるような、名作『Love Letter』を思い起こさせるような、「岩井俊二監督が、戻ってきたー♡」というような、いくつもの感情が織りなす世界を楽しんで欲しい。

映画って、ただ観るだけじゃない。最高の文章の教科書。何気ないメールを書くときやLPを作るとき、PRの文章を書くときなど、多くのシーンで役立つので、皆さんもぜひ映画館に足を運んでみてくださいね!

ーーーーー
LINE@でも、PRのコツを発信中! @mirai-image で検索してね💌

関連記事

  1. PRと広告の違い
  2. ありがとう
  3. 3つのポイント
  4. スターウォーズ
  5. PRをする理由
  6. MYHONEY
PAGE TOP