お知らせ

デマントイドガーネット

『aidect』で「デマントイドガーネット」の記事が公開されました。

ガーネットの王様とも言うべきデマントイドガーネット

1853年頃、ロシアの中央ウラル山脈の村で、眩い輝きを放つ緑色のガーネットが発見されました。その石こそが、デマントイドガーネット。ガーネットは、日本では「柘榴石(くろいし)」という名称で親しまれています。ダイヤモンドのような輝きを放つその石は、デマントイド(Demantoid)つまりダイヤモンド(オランダ語でDemant)に似た名前が付けられました。ダイヤモンドにも引けを取らない輝きを持つ、ガーネットの王様「デマントイドガーネット」の魅力を紐解きます。

PAGE TOP