ブログ

どう認識されているのかが鍵

「ブランド」という言葉を聞いて
何を連想するでしょうか?

ロゴや商品名
人によって思いつくものが
異なるかもしれません。

じゃあ「ブランド」で
重要なことってなんだろう。

今日はその疑問を紐解きます。

選んでもらうには
仕掛けがないと難しい

モノが溢れている現代。

何かと比較したり
性能の優劣をつけるのは難しいかもしれません。

売れているものは
ある程度の品質が良いものが多いですが

品質が良いモノ=自動的に選んでもらえる
は仕掛けがないと難しいんです。

商品価値の連想ゲームを起こそう

なぜ品質の良いものが
選んでもらえないのか?

企業からすると「商品の良さを知らない
理解が曖昧な消費者」だから。

お客さまからすると「商品の違いが
よくわからない状態」だから。

選ぶ基準が曖昧=ブランディングが曖昧

ということなんです!

要するに
企業側がどんなに良い商品をつくったとしても

消費者がその価値を知らなかったり
優れているという認識がなければ
自動的に商品が選ばれることはない。

モノを手にするときって
どうしたって
得るための金銭が必要なんです。

欲しいなと感じるモノに
金銭を支払って手に入れるだけの
価値があるかどうか。

その価値を
消費者に伝える役割を担っているのが
ブランドです。

だから、消費者にどう認識されるのかって
めちゃくちゃ重要なことなんです。

ということで「ブランド」について
しっかり見直していきましょう!
というお話しでした。

ーーーーー

メルマガやLINE@で、PRのコツを発信中!

メルマガはHPの「メルマガ登録」から、登録できます。

LINE@はこちら 💌

(*デジタル時代の基礎知識『ブランディング』参照)

関連記事

  1. Forbes
  2. オンライン飲み
  3. 愛
  4. スピード感
PAGE TOP