ブログ

広告

決して「広告」表現しない記事出稿の話

「広告」表現しないと記事出稿って何?

たまに本気の質問を受ける「雑誌広告」や「出稿」について、話せる範囲でちょっとだけお話しします。

「広告」と表現しないのは訳がある

お仕事をしていると 「○○○○○雑誌から、○○○○で記事を出しませんか?」 と連絡が来ることってありませんか?

私の会社にも多いのですが こういう連絡って

絶対、広告という表現はしないんです。

その理由は「広告」と表現した時点で 売り込みかなと思われて 警戒されてしまうから。

で、先日聞いた話の中で

通常の広告料金が 250万/ページの雑誌のはずなのに 80万/ページで出稿しませんか? という話がありました。

でも、ちょっと待って!

こういう話が届いたら 必ず「プロパー(通常)価格はいくらなのか?」 を調べましょう。

公式HPで広告部のページを見れば確認できます。

他にも広告料金の比較サイト などがあるので 必ず調べてみてください。

今回は、そもそも 通常250万円/ページ を 80万/ページ で提案してる。

これって、まさかの半額以下!? おかしいと思いませんか?

この裏には、今 紙の雑誌よりもwebをメインにしている編集部も少なくない という現実があります。

紙の雑誌を担当している営業チームが焦って 格安料金で記事提案してくることがあるんです。

でもそれって、効果としてはどうなのか?

この営業パターンは 有名雑誌も例外ではありません。

むしろ今、有名雑誌で ちょっと落ち目の雑誌は この手法で営業をかけてきたりします。

最終的に、掲載するかしないかの最終判断は 皆さんにお任せしますが

「雑誌に掲載する=どんな効果が生まれるのか」 という視点を忘れないでくださいね!

ーーーーー

メルマガやLINE@で、PRのコツを発信中!

メルマガはHPの「メルマガ登録」から、登録できます。

LINE@はこちら 💌

関連記事

  1. 発信力
  2. 愛
  3. 獺祭
  4. PRをする理由
  5. 瞬間蒸発
PAGE TOP