ブログ

オンライン飲み

オンライン飲みが記事になる時代!

取材内容に変化が!価値観の変化の兆し

一部地域では
外出自粛が解除されましたが
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私は、おうち仕事をしながら
「ここ1〜2ヶ月で

メディア取材の質・内容が
かなり大きく変わってきたな」 と
思うことが多く

その動きに注目していました。

今日は、取材の裏側を交えて
オンライン飲み
についてお話しします。

zoomで飲みながら記事にする

先日、依頼を受けた取材案件で
「オンライン飲みを記事にしてほしい」
というご依頼がありました。

それを聞いたとき
「ん?オンライン飲み?」と
一瞬耳を疑いました。笑

でもここ最近
確かにメディア取材の質・内容が
大きく変わっているんです。

これが何を意味するのかというと
人の価値観の変化が
形になって表れてきたということ!

実は今まで「飲み会」そのものは
あまり取材対象ではなかったんです。

でもついに今週
「オンライン飲み」の取材を
行いました。

個人的には「ついにきたかー!」
という
感じだったのですが

外出自粛が一部地域で
解除されたとはいえ

公の場で大人数では
集まるのは

なんとなく萎縮しちゃう
人も多いですよね。

そんな中誰もが
心のどこかで
なんらかの形で

「人恋しさ」みたいなものを
感じていて

その感情を埋めるものを
求める傾向にあるんです。

要するに
今回の外出自粛期間をキッカケに

それぞれの価値観・捉え方に
変化が生まれた!
ということ。

それが今回の「オンライン飲み取材」
という形にも
現れたんだなと

勝手に分析していました。笑

逆を返せば 「人恋しさ」
「人の距離感」など

人間らしい感情にアプローチする内容が
今後メディアの取材候補として
ランクインするということ。

そして、それが
当たり前の時代になる
ということです!

これってすごいヒントなんです。

プレスリリースを送りたい皆さん!
ぜひこの「人間らしい感情」に
注目してみてください。

プレスリリースの
アプローチポイントのひとつに

この「人間らしい感情」
を入れ込む
これからはこの感情が鍵になる!

感情に訴えるは
以前からキーワードでしたが

ここ最近急速に
ググッと存在感を増しています。

出版社の編集会議に
参加させていただいていると

そんな変化を
感じることが多いので

今回シェアさせて
いただきましたが

この「人間らしい感情」 という
キーワードを
ぜひ頭の片隅に入れておいてくださいね^^

ーーーーー

メルマガやLINE@で、PRのコツを発信中!

メルマガはHPの「メルマガ登録」から、登録できます。

LINE@はこちら 💌

関連記事

  1. 違い
  2. Forbes
PAGE TOP