ブログ

PRと広告の違い

PR≠広告です!! ”PR” and “広告” are different.

寒さが厳しくなってきた今日この頃。髪の毛のパサつきが気になって、コチコミで評判の美容室に行ってきました。潤いが欲しかったので、トリートメントをしてもらうことに。私が髪を洗ってもらっていると、お店の扉が開き「きゃー!」という声が。「どなたですか?」と尋ねたところ、美容師さんのファンの方々みたいです。

ジャニーズやモデルさんでもないのに「そんなことある!?」と一瞬疑ったのですが、トリートメントをしてもらっている最中だけでその答えがわかりました。ちょっと離席する時の声のかけ方・髪の触り方・距離感。迂闊にもドキッとしてしまいました。「これは誰かにオススメしたい」そんな心地よい気分。髪もしっとり仕上げてくれて、「このナチュラルさ。マスターしたい!」と思ってしまったほど。

さてさて、突然ですが「広告」と「PR」の違い。
この違いって、何かご存知でしょうか?

広告は自社の商品をおすすめすること。
「この商品のここが素晴らしいんです」と自らアピールすることです。

これに対して

PRは、他の人からオススメしてもらうこと。
「いいね」をもらうこと。シェアしてもらうこと

ここに明らかな違いがあります。

でも「PRって何だろう。難しそう…」。そう思う方も多いかもしれません。
そういう私も社会人になりたての頃、そんなモヤモヤを抱いていました。

でも、PRって実はシンプル。

商品の魅力を伝えて、人の心を動かすこと

これだけです。たったこれだけ。

商品が魅力的で、人の心を動かすことができればほぼ100%「シェア」してもらえます。しかも自発的に。

広告費はゼロ円で!

これって、すごいことだと思いませんか?

上記で最初にお伝えした美容院の例もまさにコレです!「これは誰かにオススメしたい」そんな心地よい気分。相手にそう思わせることが大切なんです。私自身も「このナチュラルさ。マスターしたい!」と思いましたが、まさにコレがPRの真髄です。

え?え?? と思うかもしれませんが、つい先日、他にもまさに広告費ゼロ円で取材していただけた実例がありましたのでお話を!

以前、ブログでもご紹介させていただきましたが、PRを担当している企業様(firando)が日本橋三越の「長崎展」という催事に初出店していました。その会期中にプレスリリースを配信して、即日メディア取材のお問い合わせを頂戴したのですが…

実はこれ、「長崎展」には複数社出店しているんです。そのため、どのブースを取材するのかはあくまでメディア側に選択権があります。ここで「ぜひ、うちの商品を!!!!」と押しまくるのはどちらかというと広告的な行動です。

でも、私が行うのはPR。 広告ではありません。そのため、私の役割は「愛を込めて商品の魅力を丁寧に、正確にお伝えすること」。そのあと、どのように編集・掲載されるのかはメディア側にお任せしています。そのため「長崎展」に取材に来ていただいた際ももちろん、商品を押しまくるのではなく商品の魅力やストーリーお伝えしました。そして、現場にいらしたアトリエオーナーも、しっかり商品への想いなどをお話ししてくれました。

その結果、ご取材いただいた内容がしっかりメディア掲載に繋がったのです。これについてfirandoのアトリエオーナー小値賀布美華さんのSNSで、嬉しい投稿もいただきました。

PRプロデューサーの加藤朋子さんが動いて
〜中略〜
firandoだけでなく長崎の魅力あるお店をご紹介いただいております!
周りにも波及していくのが嬉しい✨ぜひご覧くださいませ。

PRと広告の違いPRの広告の違い。正しく理解して行動すると、こういう魔法のようなことが起こります。

数年前まで地方で専業主婦をしていた彼女。起業して、百貨店の催事に出店し、メディア取材を受けるまでに! もちろん、彼女の手がける商品が魅力的なのは大前提。ただ資金力の差で環境格差を生むのではなく、いい商品はきちんと皆さまに知って欲しい。国内だけでもいい商品がたくさん埋もれてしまっていますが、情報として正しく魅力を伝えていくことも、私が担う大切な役割のひとつです。

ーーーーー
LINE@でも、PRのコツを発信中! @mirai-image で検索してね💌

 

関連記事

  1. beforeafter
  2. 3つのポイント
  3. PRをする理由
  4. MYHONEY
  5. ありがとう
  6. ベィmagazine
PAGE TOP