ブログ

真澄 糀あま酒

執筆するレシピ記事は、失敗もご愛嬌♡

レシピ記事のNG集! Damestagram(ダメスタグラム)をご紹介

最近、雑誌でレシピ記事を執筆することが多いのですが、料理研究科でも得意なわけでもありません。そんな中、なぜかレシピ記事を依頼されるのですが、食材を焦がしてしまったり、分量を間違えてしまったり…。今日はゆるっと、執筆の裏側をお話しします。

レシピ記事は「書きながら料理」が鉄則!

最近、『precious(小学館)』や『Hanako(マガジンハウス)』、『食楽(徳間書店)』でレシピ記事を書いています。でも、料理の専門家でもなければ、得意でもない。だからプロ級の料理はできません。

「レシピ記事を書くときって、実際にお料理されるんですか?」とDMをいただくことも多いのですが、実は毎回、キッチンで奮闘しながら同時に記事を書いています。

「記事を書くときは撮影もセット」で行うことが多いため、ひととおり自分で作ってみるのですが、失敗もつきもの!キッチンで記事を書きながら、料理をつくる。また記事を書き、つくるの繰り返しです。

お料理の失敗写真は、記事で掲載するわけもなく(一部、強行突破で掲載したものもあります。笑)ほとんどがiPhoneに眠っています。そんなInstagramとは正反対の、NG集。眠らせておくのはお写真に申し訳ないので今日は勝手に、Damestagram(ダメスタグラム)をご紹介していきます♡

①ここちらは完全にグリルで焦がしすぎたもの。オーブンで、10分くらい放置してたら焼き焦げました。悲しい…。

掲載記事はこちら

 

 

 

②実はこちらも焦がしました。裏側は真っ黒。フライパンにくっついてた。笑

お砂糖をふりかけ、見た目だけはなんとか回避!

掲載記事はこちら

 

 

NG③溶けるはずのバターがいつまで経っても溶けずに、困惑した一コマ。

そもそも作る量が多かったかな…。上にある、白いものがバターなのですが、溶けなくて溶けなくて。本気で取り除こうかと思いました。笑

掲載記事はこちら

 

NG④こちらは生クリームを入れすぎたもの。よそ見をしていたら、手元にあった生クリームが全部ドバっと全て入ってしまったので

妙にクリーミーな色合い。でも気にしない!

掲載記事はこちら

 

 

NG⑤レモンケークのご紹介だったので、背景にレモンを置いてみたものの、全体的に質素すぎて眠っている画像。

撮影プロップの大切さを改めて感じた1枚。

掲載記事はこちら

 

 

NG⑥せっかくカットしたのに、シュークリームの断面が活きない代表例。

私、なんで真上から撮影したのだろう…。いまだに、自分でも謎の1枚。

掲載記事はこちら

 

 

NG⑦こちらは、何がメインかわからない写真。

以前、皆さまもよくご存じであろう「通販カタログ」をマルっと一冊作り上げたことがあるのですが、絶対採用されないパターン。アイキャッチ画像って大切です。

掲載記事はこちら

 

今日はゆるっと、撮影の裏側を書いてみましたがいかがでしたでしょうか。時折、こんな裏話も混えたい。ぜひ箸休めにご覧いただけると嬉しいです!

ーーーーー
メルマガやLINE@で、PRのコツを発信中!
メルマガはHPの「メルマガ登録」から、登録できます。
LINE@は「@mirai-image」で検索してね💌

関連記事

  1. コットンパック
  2. グランド カーヴ
  3. グランド カーヴ
  4. ブルックリン
  5. firando
  6. firando
PAGE TOP