引き寄せPR術

TOP> 勝てる会話力

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

プレゼン

2020.06.16/引き寄せPR術

勝てる会話力

梅雨の合間の嬉しい晴れ間。気温もググッと夏らしくなってきました。今日は最近ちょっと気になった、プレスリリースのプレゼンについてお話をします。

私自身、メディアへのプレゼンはもちろん、コンペの時など、いつも意識していることなのですが、話をするときは

話の入り方

ここをちょっとだけ、意識してみてください。実は私自身、以前、広告代理店にいたので、プレゼンがめちゃくちゃ多かったんです。

競合とのプレゼン
社内でのプレゼン

今思うと、毎日どこかでプレゼンしていました。でもそんな時、いつも意識していたのは

話の入り方

みんなプレゼンをするときに、内容は結構練り込むのですが

話の入り口でつまづいてしまう人が多いんです。

これってプレスリリースを持参して、編集部にプレゼンにいらっしゃる方たちも、例外ではない!

話を始めるのに、いきなり本題に入って「○○○○○新商品が出るんです」と始めてしまう人も多いのですが、これだと聞く側としてはあまり惹かれないんです。

先日も、雑誌の美容ページのプレゼンで「新しいウォーキングシューズが〜〜」といきなり本題を話し始めた方がいらしたのですが

ちょっと待って!

こういうときは…例えば「30〜40代の方ってお仕事で忙しくてなかなか時間が取れませんよね。でも、体って大事なので鍛えたいと思う人も多いはず。

とはいえ、最近はジムが休館になってしまったり、なかなか運動ってできない。私もこの期間ジムに行けないくて、体が重い気がしていました。だから最近は朝歩くようにしてるのですがウォーキングってすごくいいなと思って。

ヘルシーに健康的だしお財布にも優しいし、○○○○○とかに、すごくいいんですよね。で、歩く時って靴も大切なのですが靴がね〜〜〜〜」

みたいに柔らかく始めるとスッと言葉が入りやすい。

こんな感じでワンクッション入れるだけでも

印象はガラリと変わります。

編集部側としてもすごく聞きやすくなります。この「入り方」の柔らかさは、他の業界でも同じように使えるので、ぜひ、ちょっとだけ意識して話してみてくださいね。


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top