引き寄せPR術

TOP> プレスリリースで優先すべきこと

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

プレスリリース

2020.06.25/引き寄せPR術

プレスリリースで優先すべきこと

ここ数日、ブログではプレスリリースのお話が続きますが、「プレスリリースを書くときは、何を優先して書けばいいですか?」という質問をいただいたので、今日はその質問にお答えします。

前回のブログでもご紹介させていただきましたが、プレスリリースってガチガチの書き方は決まっていません。でも必ず入れて欲しい要素があります。それは

「社会性・公共性」

ここはできるだけ記載するようにしてください。この詳しい、理由は、私が講座の中でお伝えしているので、こちらでは割愛します。
講座HPはこちら

メディアは宣伝者じゃない

「社会性・公共性」を意識して欲しい理由。それは…メディアの人や記者さんは

プレスリリースを送ってきた企業さまの、会社宣伝をするために存在しているわけではないからです。

いいですか?宣伝したいという気持ちが前のめりになってしまうのはわかります。でもそれは、プレスリリースを送る側の意図。

決して、メディアは企業の宣伝者ではありません。これは言い換えれば

社会的意義のないことって、メディアとして宣伝する必要はないってこと。

プレスリリースを配信すれば、なんでも拾ってもらえると思ったら大間違い。自分が宣伝したいことを、書くだけなら個人のSNSでいいんです。

きちんと世の中に伝えたい想いや商品価値があるならば、社会的意義を優先して書いてみましょう。

まずは練習!

最初から採用されないのは当たり前です。私もたくさん失敗してきました。相手にされないことも珍しくない。手厳しい塩対応をされてことだって、もちろんあります。

でもだからこそ、ひとつひとつに凹んだりせず、また次回!やってみよう。そういう気持ちで、アプローチして欲しいなと思うんです。

凹むのは仕方ない。でもそれは気に留めることではないので、きちんと必要な要素を入れながら、メディアアプローチに挑戦してみてくださいね。


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top