ハートマーケティング

TOP> マーケット(市場)+ing

ハートマーケティング
BLOG

背景画像

TOP> ハートマーケティング

2020.08.01/ハートマーケティング

マーケット(市場)+ing

マーケティングという言葉。そもそもそれってどういう意味なの?今日はそんな
ふとした疑問を紐解きます。マーケット(Market)は「消費者・市場」という意味。それを現在進行形にしたものこそ、マーケティングというものになります。つまりそれは

「常に変化する消費者・市場」ということ

要するに、今、何が求められているかを考え、それに答えていく行為です。この2つの単語。マーケティングを学ぶときに必ず出てくる言葉です。個人的には「AISAS」も古いのでは⁉︎ と感じるのですが一旦こちらを紐解きます。

従来、マスメディア中心だった時代の消費者行動のプロセスは「AIDMA」という言葉で表現されていました。

「注目→興味→欲求→記憶→購入」という購買プロセスが代表格とされていたんですね。

これに対しインターネットが主流になってくると、「AISAS」という言葉で表現されることが多くなってきました。

これ(AISAS)は「注目→興味→検索→購入→共有」という過程です。ちょっと変わったのがわかるでしょうか?

インターネット時代は誰かの「シェア」が、さらに多くの注目や興味につながるとされて、重要視されるようになったのです。

難しいからシンプルにしてみましょう

「AIDMA」とは、A(Attention) I(Interest) D(Desire) M(Memory) A(Action)

「AISAS」とはA(Attention) I(Interest) S(Serch) A(Action) S(Share)

このようにインターネット時代に入ると、「シェア」という行為が鍵を握ることとなりました。

シェアこそが次の購買行動につながる、重要なポジションであると定義されたんです。要するにモノを購入してくれた・使ってくれた結果である「売上・利益」は

言い換えると、「繰り返し買ってくれた・使ってくれた・シェアしたくれた」
人数だとされ「シェア」こそが重要。と認識されました。これが今の、マーケティング(市場+ing)だと言われています。

(*デジタル時代の基礎知識『マーケティング』参照)
デジタル時代の基礎知識『マーケティング』という、本が、すごく役に立つので、ぜひチェックしてみてください。amazonはこちら


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top