引き寄せPR術

TOP> PRをするときは、客観的に自分自身をみてみよう

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

客観的視点

2020.05.02/引き寄せPR術

PRをするときは、客観的に自分自身をみてみよう

PR講座をしているとよく「どこをPRすればいいかわからなくて…」「私の仕事ってPRできますか?」と質問をされます。

でも、PRする要素がない人なんてゼロなんです。

アピールする部分がゼロの人には、出会ったことがないくらい。

皆さんぜひ、自分のPRポイントを探してみましょう。

自分の業界をフラットにみる

PRポイントを探すには、自分自身がいる業界をフラットな目でみてみましょう。

私だったら「PR業界」をフラットにみるイメージです。

その中で、自分が他と異なる部分やアピールできそうな部分を探します。

私を例にしてみると

フラットにみる業界=PR業界
異なる部分=トップメディアで活動している
アピールできそうな部分=女性起業家
PR会社経営、元百貨店バイヤー
元広告代理店、元出版社
講座講師

など。自分の業界をみて、その中で自分だけが持っているコンテンツをアピールする。

それがPRのポイントです。

異なる部分の数が多いほど、唯一無二の存在になり、価値がどんどん上がっていきます。PRポイントを探すのが難しいという人は、まずは上記のポイントを探してみてくださいね!


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top