引き寄せPR術

TOP> プレスリリースの構成の基本

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

2020.06.24/引き寄せPR術

プレスリリースの構成の基本

私のブログでは、毎回、PRのお話をさせていただいていますが、今日は質問の多い、プレスリリースの構成についてお話しさせていただきます。

プレスリリースってプロにお願いすると思っている人も多いのですが、別に書式が決まっているわけではありません。

要は内容が伝わればいい。

私もプレスリリースの代行をしているので、こんなこと言うのもどうかなと思いますが、自分で書けるのが1番だと思いますので、私がいつも使っているおすすめの型を、こちらでお伝えさせていただきますね!

サクッと順番に当てはめてみましょう

おすすめの流れは

(現在編)
①新規情報
②社会の現状
③活動の動機

(過去編)
④ストーリー

(未来編)
⑤決意
⑥日時のご案内
⑦取材のお願い

私が開催しているPR講座では、具体例に当てはめて、実際に皆さまが書けるように細かくお伝えしていきますが、さっくりワードで示すとこんな感じです。

細かい言葉や言い回しは気にしなくても構いません。

要は内容が伝わればいいんです。

最初は書けなくて当たり前。少しずつで大丈夫です。このブログの読者は広報やPRを目指している方も多いので、書き方に困ったらぜひ、①~⑦の順でプレスリリースを書いてみてください。

ということで、今日はプレスリリースの構成についてお話ししました。


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top