引き寄せPR術

TOP> ブランディングの必要性

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

2020.07.15/引き寄せPR術

ブランディングの必要性

PRをしていると、企業さまのブランディングを担当させていただくことも少なくありません。ではなぜ「ブランディングが必要なの?」、今日はその疑問にお応えします。

「今日1日でどれくらいのブランドを目にしましたか?」

こういう質問をされて正確に答えられる人ってほとんどいません。歩いていても、ネット上でも、SNSでも、TVや雑誌をみていても、私たちはいつも無数の広告を目でキャッチしています。

人が無意識にキャッチしている広告やロゴを含めると私たちは毎日、数百〜1000程度のブランドに接していることも。

自宅にあるファッションや家電、近所のコンビニや駅。前を通り過ぎるだけでも、ロゴがたくさん飛び込んできますよね。私たちは商品パッケージから広告まで、あらゆるブランドに囲まれながら生きています。

ブランドがないとむしろ選ぶのが難しい

このように無数の広告・ブランドに囲まれている私たちの生活。この状況でモノを選ぶと仮定したとき、ブランドの世界観やロゴがないと、むしろ選ぶことが難しいという状況に陥ってしまうんです。

まさに、買い物迷子。「はじめてのおつかい」状態です。全くデザインされていない商品が並んでいるスーパーマーケットを想像してみてください。なんだか…何を選べばいいかわからなくなってしまいますよね。

お茶をひとつ買うのも一苦労。液体がズラリと並んでいる状態から、ひとつを選ぶのって想像以上に難しいんです。

だからこそ必要なのがブランディング。

差別化とも言われますが個人的には「商品の世界観を出すことが大切なのでは?」と思っています。つくり手の想いや商品のストーリー。

誰かが説明しなくても、なんとなく心にひっかかる。気になる。

そんな存在にするのがブランディングです。ということでブランディングはPRに欠かせない大切な要素。PRをする人はブランディングは、頭の片隅に入れておいてくださいね!

(*デジタル時代の基礎知識『ブランディング』参照)


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top