ハートマーケティング

TOP> マーケティングの5step

ハートマーケティング
BLOG

背景画像

TOP> ハートマーケティング

2020.08.06/ハートマーケティング

マーケティングの5step

「マーケティング」という言葉は、よく耳にするけれども「一体どうやって行動すればいいの?」という疑問を持つ方って、意外と多いのではないかなと思います。

マーケティング初心者の私も、わからないことだらけだったので、今日はマーケティングの基本

5stepについて順番に紐解きます。

私のブログを読んでくださっている方は、ご存知かと思いますが、このブログはマーケティング初心者の私が、学びながらアウトプットするスタイルでお届けしています。

私の毎日が新しいことの発見で、勉強中ですので、一緒に学んでいただけたら嬉しいです。さてさて本題に戻りますが、マーケティングの5stepをさっくりとお伝えします。、基本的な流れとしてはこんなイメージ↓↓

①世の中の状況を理解する「環境分析」
②ターゲットを絞り込む「戦略立案」
③誰が何をするか明確にする「施策立案」
④プランニングされたアクションを実行する「施策実行」
⑤結果を分析・改善する「分析・改善」

5stepの①〜⑤って何をするの?

それぞれの詳細は、後日、ブログで紐解きますが、今日は簡単にお伝えします。

①世の中の状況を理解する「環境分析」

現在から未来に向けて、市場や顧客・競合が、どんな状況にあるのか見える化すること。

「SWOT分析」や「3C分析」が有名です。

②ターゲットを絞り込む「戦略立案」

STP(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)を用いて、①の情報を戦略に落とし込んでいきます。

誰に、どんな商品・サービスなのかを知ってもらい、購買につなげるかを考えることが大切です。

誰が何をするか明確にする「施策立案」

誰がいつ、どんなことをすればよいかを落とし込んでいきます。4C(プロダクト・プライス・プレイス・プロモーション)と呼ばれる枠に、C(顧客視点)を加えること。

スケジュールや進行表、課題管理表に落とし込んで進めていきます。

プランニングされたアクションを実行する「施策実行」

②で目的を明確化し、③でプランニングされたあことを、関係者がそれぞれ実行していく過程です。お互い何をしているのか不明確だと、モヤモヤ感が募っていってしまうので

日々の結果は関係者に「見える化」しておくことが大切です。

結果を分析・改善する「分析・改善」

目的に対して、どれくらい実行できたか。プロジェクトで動くことで、どれだけ現実と理想のギャップが埋まったかなどを明確化します。それらを踏まえて、継続・見直す・打ち切りのどれで対応するかをジャッジし、また次の施策を立てる。こうやって

ぐるぐると仮説〜検証を繰り返していくことが大切です。

ということで本日は、マーケティングの5stepについて学んでみました。

(*デジタル時代の基礎知識『マーケティング』参照)
デジタル時代の基礎知識『マーケティング』という、本が、すごく役に立つので、ぜひチェックしてみてください。amazonはこちら


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top