ハートマーケティング

TOP> ギャップを埋めるSTP戦略

ハートマーケティング
BLOG

背景画像

TOP> ハートマーケティング

2020.08.09/ハートマーケティング

ギャップを埋めるSTP戦略

以前のブログでご紹介した

マーケティングの5step

そこで、②ターゲットを絞り込む「戦略立案」についてご紹介しました。今日はその「戦略立案て何?」について、噛み砕いてお話しします。

マーケティングのコア部分を担うのは、「戦略」と呼ばれる部分。この「戦略」という言葉。耳にすることは多いのですが「実際、どのようにすればいいの?」と、よくわからない人も少なくないかと思います。

そういう人は、STP(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)の考え方で「戦略」を整理してみましょう。

セグメンテーションというのは、市場を細分化すること。

つまり、市場や顧客を、いくつかのざっくりとして「かたまり」に分けていくことです。ここでは「心理的な軸」で市場や顧客を分けていくと、最終的に「戦略的に」落とし込みがしやすくなります。

これに対して、ターゲティングとは?

上記のセグメンテーションで分けた「かたまり」の中に、自分たちのターゲットがどれくらいいるのか?

を模索していく行動です。これは以前のブログでご紹介した、SWOT分析でわかった

将来の可能性・成長性を含めて考えるのがおすすめです。

最後にポジショニングとは、お客さまに自分たちの商品・スキルを

選んでもらえるように、立ち位置を明確にすること

別々のものではなく、1つの大きな流れとして捉える

セグメンテーション=市場を細分化すること
ターゲティング=顧客をターゲティングすること
ポジショニング=市場でのポジショニングを決めること

は別々ではなく、体系的に、一つの流れとして捉えることが重要です。

ふんわりしたイメージでも構わないので、3つの意味を頭の片隅に入れておきながら、同時に整理していきましょう。

企業で例えるなら、経営層も各事業部も支社の縦串の関係も同様。営業部と販促部と広告宣伝部などの横串の関係も同様です。

人・企業ともに、共通で目指す目標(なりたい姿)をイメージすることで、常に整合性のある、戦略・戦術を同時に持つことができ、目標に向かって、臨機応変な、軽やかな対応ができるようになりますよ。

(*デジタル時代の基礎知識『マーケティング』参照)
デジタル時代の基礎知識『マーケティング』という、本が、すごく役に立つので、ぜひチェックしてみてください。amazonはこちら


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top