引き寄せPR術

TOP> 【オリエンタルランド × MYHONEY】美味しいジャムができました

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

2020.08.27/引き寄せPR術

【オリエンタルランド × MYHONEY】美味しいジャムができました

砂糖不使用・生はちみつで仕上げたジャムって食べたことがありますか?ジャム=砂糖を使うイメージが強いかと思いますが

生はちみつ専門店「MYHONEY」のはちみつの甘さで仕上げた、いちごジャム「摩周ルビー」が完成しました。

ジャムに使われるいちご「摩周ルビー」は、北海道・弟子屈町(てしかがちょう)のもの。自然豊かな北海道・弟子屈町は、町内で温泉熱を活用していちごの生産を行っています。

「摩周ルビー」といういちごの品種は、真っ赤な果肉と絶妙な酸味と甘味が特徴。

そんないちごをMYHONEY自慢の「生はちみつ」だけで、美味しいジャムに仕上げました。使用している生はちみつは国内で2%しか流通していない、ハンガリー産の非加熱はちみつ。約190種類の酵素を含んでいるので、その酵素を壊さないよう

3ヶ月かけてハンガリーから非加熱で輸送しているアカシアハニーです。

とはいえね、ハンガリーからの船便は赤道付近も通ります。赤道付近を通るときってどうしても

温度が上がってしまいがちなので、温度管理を細かくチェック。細部まで管理を徹底しているんです。

ジャムがつくられる弟子屈町とは?

弟子屈町は、世界でも一級の透明度を誇る湖水の「摩周湖」や「屈斜路湖」。

北海道らしい雄大な風景が広がり、温泉にも恵まれた自然豊かな町です。

その弟子屈町にある農園で採れるいちご「摩周ルビー」は、味や品質には問題なくともレストランなどで提供できなかったいちごが余ってしまうといった現状がありました。

MYHONEYはそうした「いちご」をジャムに加工することで食材の有効活用をしています。

さらに弟子屈町自体の認知を拡大することで地域の活性化・雇用の増大に貢献するべく

ひとつひとつ丁寧につくっています。いちごジャム「摩周ルビー」を通して弟子屈町はもちろん、MYHONEYが応援を続けてきた「ヴォレアス北海道」そして北海道全体の支援活動へと広がることを願っています。

8/25 12:00〜 クラファンもスタート!ぜひ、北海道生まれのいちごジャムをお楽しみください。


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top