引き寄せPR術

TOP> ストーリーは振れ幅で遊べ!

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

2020.09.12/引き寄せPR術

ストーリーは振れ幅で遊べ!

PRをしていると、「ストーリー」という言葉を耳にすることが少なくありません。でも商品やサービスのストーリーづくりに悩んでしまう人も…。

そこで今日はストーリーの鍵を握る、振れ幅についてお話しします!

メディアが伝えるストーリー。

映画や書籍、雑誌、ドキュメンタリーなど、いろんなタイプがありますが、なぜプロのプロデューサーや演出家が感動的なストーリーをつくれるのか、考えたことはありますか?

実は…感動の裏側には必ず振り幅が存在しています。

この振り幅とは、状況変化の大きさのこと!

この振り幅を上手に使えれば、ストーリーがググッと魅力的になるんです。

真逆のものを掛け算してみる!

この振り幅ですが、一番簡単に振り幅をつくれる方法は

真逆なものを掛け算すること!

例えば2013年に、30万部超えのベストセラーになったビリギャルは

学年一成績の悪いギャル × 慶應義塾大学合格

豊臣秀吉の天下取りストーリーは

平民 × 天下人

こんな感じで真逆なもの同士を掛け合わせることがポイントです。

この真逆の掛け合わせだけで、ストーリーにググッと深みが生まれるんです!

「そんな簡単なこと?」と思う人も多いかもしれませんが

このシンプルな法則でOKなんです。

だって、学年一成績のいい生徒が、慶應義塾大学に合格しても、「さすが!おめでとう」という印象ですし、足利尊氏が天下人になっても「さすがのお家柄!あっぱれ!」と感じてしまうし

なんとなく大きな感動って生まれなくないですか?思わず涙してしまう大きな感動に欠かせないのは、真逆なものを掛け合わせる、「意外性」に秘密があるんです。

しかも、これがPRにもめちゃくちゃ使える!!

PR上級編者向けには、このシンプルな法則を自分のお仕事に落とし込むためのポイントお伝えしているのですが、それは講座でお伝えしているのでブログでは割愛させていただきます。

とはいえこの法則は、SNS投稿にも応用できるスキルなので、真逆なものの掛け算でぜひSNS発信を楽しんでみてくださいね!


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top