引き寄せPR術

TOP> Mr.CHEESECAKEに学ぶPR術

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

2020.11.01/引き寄せPR術

Mr.CHEESECAKEに学ぶPR術

昨日はハロウィンでしたが、皆さま楽しく過ごせましたでしょうか?早いもので、もう11月。年末の足音が聞こえてきます。今日はちょっと気分を変えて、Mr.CHEESECAKE通称「ミスチ」のお話をします!

今日ね、久しぶりにミスチを購入したんです。そこで「あ、ミスチの話をしたいかも」と思ったので、今日は幻のチーズケーキと呼ばれるミスチのお話。

チーズケーキファンから根強い人気を誇っているし、随分前からSNSでも話題なので食べた人も多いかな?ミスチって、いつも1〜2分で完売してしまって「あー、残念っ!」「欲しかった」「また次回挑戦!!」など、いろんな声が上がっていますよね。

みんなの「欲しい」気持ちがどんどん盛り上がって次回の問い合わせが増えるという

PRマスターのようなこの戦略!本当に天才的だなと思います。

売り上げを追うのではなく「欲しい」気持ちに価値を置く

もちろん味が美味しいというのもありますが、味わいの評価は一旦置いておいて、美味しいよりも「欲しい」の状態をつくるのが上手だなと感じます。

「欲しい」という状態に価値を置いているんですね。

過去にも発売日を限定して、そこに人が殺到するという構図を確立し、上手にPRしている企業もありましたが、思い返せば、それも店舗を構えて主役商品を店頭で毎日発売していたわけではないんです。

この「発売日を決めていた」というのがPRのポイント。

たくさんつくって売り上げがればいいという、一昔前の価値観をガラッと覆してくれたなぁと感じた販売方法です。

たくさんつくることよりも手づくりで丁寧につくる

最高のものを届けることに価値を置いている。

大量消費の時代はもう昔のこと。

時代の流れを汲み取って、上手にカタチにしているなと思うところがたくさんあります。人気の裏には秘密がある。必ず何か法則とかポイントが存在しますが、ミスチは圧倒的に時代を読み取る力が高かったのかもしれません。

ミスチのチーズケーキ私も大好きなケーキです。チーズケーキ好きさんは、ぜひ食べてみてくださいね!


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top