取材の裏側♡ここだけの話

TOP> プレスツアーってオトナの修学旅行にも似てる

取材の裏側♡ここだけの話
BLOG

背景画像

TOP> 取材の裏側♡ここだけの話

2020.11.11/取材の裏側♡ここだけの話

プレスツアーってオトナの修学旅行にも似てる

雑誌取材で伺う、宿泊付きのプレスツアー。個人的にはすごく好きなお仕事のひとつです。なぜ好きなのかというと・・参加するメンバーの、互いの距離感がちょうどいいから。

それはオトナの修学旅行。

言い換えるなら、そんな感じなのかもしれません。お仕事をしていると「あれ?この人距離感が違うな」と感じる人っていると思います。違和感を感じる人と表現したほうが正しいかな。

私も仕事をしていると、たまにあります。

でも、ふわっとでも違和感を感じる人とは、やっぱり馬が合わなくて。最終的には、こちらからお仕事をお断りするパターンになるんです。

と、少し話が逸れてしまいましたが、仕事をするときの距離感て大切ですよね。私がプレスツアーを心地いいなと感じるのは

誰ひとりとして、この距離感を乱したりしないから。

お互い同じ立場というのがポイント

互いにメディアという立場。

だからこそ、ツアー中でも、必要なところでそっと距離をとって撮影に入ったり。今しかない風景や、一瞬のシャッターチャンスを切り取ったり。

記事にしたいところがあったら、ガイドさんにいろいろ聞いてみたり。自由に動く部分とめちゃくちゃ真面目な部分と、そのバランスがちょうどいい。堅苦しすぎもなく、フランクすぎない

上品なユーモアがある、独特の空気感を感じます。

でも・・取材が終わって、夜、ご飯の時間になったら

みんなスイッチを切り替えて、思いっきりハッピーに飲む!

そして大体の人が、お酒が好きで話題が尽きない。という謎の特性を感じます。互いに得意分野があるから、一緒に過ごすだけで、上質な情報のシャワーを浴びている状況。

仕事への真摯な姿勢と、抜け感のバランスが本当にちょうどいいんです。

あと忘れてはいけないのが、例外なく、誰も誰かの悪口を言わないこと。私、悪口言う人ダメなんです。一緒にいれない・・。そういうのって、聞くだけで、テンション下がってしまいますが、これまでプレスツアーでお会いしたメンバーは

みんなすこぶるプラス思考なんです。

ここがすごく好きなポイント!日々、暮らしをしていて、プラス思考の人に囲まれることも多いですが

これまでの経験上、プレスツアーはまず例外なく心地いい。

個人的には、安心感すら感じます。ということで、プレスツアーって、オトナの修学旅行みたいでなんだかとっても楽しいです!

本日のお写真は昨晩の、星浴ツアーで観た満天の星空。記事はまた後日『Hanako』(マガジンハウス)でアップしますので、お楽しみに!


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top