引き寄せPR術

TOP> 勝てるネーミング

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

2020.11.10/引き寄せPR術

勝てるネーミング

世の中見渡してみると、いろんな商品やサービスがありますよね!そこで、今日はちょっとだけ視点を変えて

「勝てるネーミング」についてお話しします。

世の中にはめちゃくちゃわかりやすかったり、なるほど!と思うネーミングが溢れています。

例えば・・【ラクスル】。これって「商売をラクにスル」という思想のもとに誕生した言葉ですが、すごく伝わりやすいですよね!

これは①「語呂合わせ型」にあたります。

他にも・・

②「組み合わせ型」なんかも有名です。

熱さまシート(熱さます+シート)
ケシミン(消す+シミ)
などワードを組み合わせたもの。

③「逆読み型」も馴染み深いかな。

海洋深層水を使用した
ミネラル飲料「MIU(ミウ)」

④「機能訴求型」は「トイレその後に」「汗脇パッド」など。

こう見ると、この①〜④を上手に使っているのって、小林製薬さんなんかが
まさにそれ!消費者にとって、直球のネーミングで表現してくれるので

ググッと刺さったりします。

ネーミングが話題につながる

で、なぜネーミングのお話をしているのかと言うと・・ネーミングひとつで、売り上げがめちゃくちゃ変わるからです。

お子さんがいらっしゃる方「瞬足」と言うスニーカーご存知でしょうか?今でこそ「瞬足」と言う言葉が浸透していますが、速く走れるスニーカーとして

小学生やその母親に口コミで広がり、2000年代半ばに大ヒット!!

運動会でも足元をみると、「瞬足」を履いて走っている子をたくさん見かけます。ちょっとでも速く走って、かけっこで1位を取りたいですものね!上手に話題をかっさらう、具体的なポイントは・・

1.名前は短く!
  →7文字以内が理想

2.シンプルに!
  →分かりやすさが大切

3.ストレートに!
  →ど直球に訴求する

というところ。ネーミングって不思議なもので、たかがネーミングされど・・のものなので、商品やサービスを考えるときは、ちょっとだけ参考にしてみてくださいね!


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top