ともこレポ

TOP> ワーケーションもできる!『箱根 ゆとわ』でプチ滞在

ともこレポ
BLOG

背景画像

TOP> ともこレポ

2022.08.20/ともこレポ 取材の裏側♡ここだけの話

ワーケーションもできる!『箱根 ゆとわ』でプチ滞在

箱根湯本から登山鉄道に乗り換え強羅駅へ。駅から徒歩5分ほどとのころに佇む『箱根 ゆとわ』を訪れました。

実はここ、以前『Hanako』の取材で訪れていて。そのとき、すごく気に入ったので今回はプチ滞在で日帰り温泉を利用させていただきました。『Hanako』の記事はこちら

日帰りでも大満足!ワーケーションで利用したいフォトジェニックなホテル

このホテル、宿泊はもちろん日帰り利用もできるんです。箱根エリアはよく訪れるのですが、今回、改めてプチ滞在させていただいたので、ご紹介します。

私が気に入っているのがこのライブラリーラウンジ。電源もWifiも完備しているんです。

しかもフリードリンクまで置いてくれてる。すごいサービス♡コーヒーや紅茶、烏龍茶、ジュース、炭酸飲料など約13種類が揃います。

ライブラリーラウンジだけでも快適に過ごせること間違いなし!

ライブラリーラウンジの奥に見えていたこの丸いスペースは、ころんと寝転がって本を読める、とっておきの”くつろぎスペース”なんです。

見た目も可愛くて、写真を撮りたくなる人も多いはず。

ここには約700冊の本が所蔵されているですよ。読書好きにはたまらない空間です。

お仕事に疲れたらほっと一息。温泉に入って気分転換がおすすめ!サウナもあるので整います。

*こちらの画像は取材時に頂戴した公式画像です

そしてそして、なんと言っても私の一押しスペースはここ!足湯や焚き火台のある「ナカニワ」です。

ここのスペース、ボ〜ッとしているだけでめちゃくちゃ気持ちいいんです。

この写真は宿泊したときに撮影したものですが、夜はこんな感じでライトアップ!

*夜の時間を楽しめるのは宿泊者限定となっています

夜になると火が灯る焚き火は、ずっと眺めていられそう。

足湯や焚き火をゆっくり楽しみたい方は、日帰りではなく、ぜひ宿泊してみてくださいね!

強羅エリアは魅力的なお宿がたくさんありますが、サクッとワーケーションで立ち寄るなら『箱根 ゆとわ』がおすすめ!箱根でワーケーションをお探しの方は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

利用時間:13:00~19:00退館(最終入館18:00)*月〜木曜日の大浴場利用は14:00より可能
料金:平日 ¥1,200(税込)、土日祝 ¥1,500(税込)
料金に含まれるもの:バスタオル・フェイスタオルのレンタル、男性・女性大浴場、スパラウンジ、ナカニワ、ライブラリーラウンジ(フリードリンクコーナー)、プレイラウンジ、キッズエリアのご利用
詳細はこちら

*=================*

合同会社未来イメージ
代表 加藤朋子

facebookの無料グループ『雑誌ライティングLabo』はこちら


『粒子のおしゃべり会』はこちら
*女性限定グループです。私がInstagram案件の同行者を募集するのは、このグループだけ。

弊社の『メディア掲載一覧』はこちら

▷【メディア掲載実績】
光文社『CLASSY.2021年8月号』
角川春樹事務所『美人百花2021年11月号』
主婦の友社『RAY2021年10月号』
主婦の友社『mina2021年1月号』
日経BP『日経WOMAN2022年5月号』
日経BP『日経DUAL』[PR]知らなきゃ損!学校プリントの時短管理術
日経BP『日経ARIA』両立の壁、離婚、500万円の損…読者の失敗談を公開
日経BP『日経doors』結婚しない人生の先輩に聞く「独身人生のメリット」
日経BP『日経doors』「人生を劇的に変化」させるために実践したこと、やめたこと
日経BP『日経doors』「頭打ちキャリアを救う  本気の学び直し』
リンクタイズ『Forbes career』企業紹介
サンクチュアリ出版『 サンクチュアリ出版チャンネル』
NHK『首都圏ネットワーク』
NHK『BRDER BREAK』
『NHKラジオ』
『読売新聞(2019年4月18日)』
『ソラビジ』経営者インタビュー
『NOWSARA』経営者インタビュー
『女性社長net』経営者インタビュー
『Re-rise News』経営者インタビュー
『WELLNESS BEAUTY WALKING』講師インタビュー
『たまプラ新聞』
『タウンニュース』
など

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

関連記事

一覧に戻る

page top