お仕事

TOP> ママでも全国飛び回れるのか⁉︎福島出張の翌日は博多へ!なぜ

お仕事
BLOG

背景画像

TOP> お仕事

2022.11.10/お仕事

ママでも全国飛び回れるのか⁉︎福島出張の翌日は博多へ!なぜ

福島出張から帰ってきたばかりなのですが、実は明日から、別の出張で博多へと向かいます。しかし、普段から出張が多いと、よく聞かれることがあるんです。ということで、今日は「なぜママでも全国飛び回れるのか⁉︎」についてお話ししたいと思います。

それって誰が決めた制限なの?

出張が多いとよく質問されることのひとつに

・仕事柄出張が多いけどお子さんはどうしてるの?
・そんなに移動して、結構経費かかりませんか?

などがあります。でも実は、半分くらい一緒に出張に行ってます

nishino2

今は、小学校3年生以上になるとタブレットが配布される。これだけでも、めちゃくちゃいい時代ですよね。私のお仕事も子どもの学校の勉強もオンラインでできるから、好きな場所で仕事して好きな場所で勉強すれば問題ない。

それなのに「出張=子どもはひとりぼっち」という固定概念を持っている人も多いんです。

でもそれって、誰の常識ですか?
・本当に子どもがいたら行動の自由がなくなると思ってる?
・それって、誰かから聞いたことがあるだけで、ただの先入観じゃない?

そんなことを自分に質問してあげて欲しいんです。

「そんなに移動して、結構経費かかりませんか?」という質問に関しても、お仕事で取材に出ているだけなので移動費も宿泊費も食事代も、基本的に全部会社の口座に振り込まれます。

それプラス謝礼とか原稿料とか出張費とか色々ついてくるから、お金が減ることはない。むしろ移動すればするほど、お金は増えます。「移動する=お金が減る」というのは、一体、誰が決めたルール⁉︎

みんなが思っている「常識」って、誰かがつくった「常識」なだけで、フラッとに見直してみる手段はたくさんある。

世の中の”常識”にとらわれて自分の行動を制限してしまっているくらいなら、もう思考を使わずにシンプルに生きたらいい。

「自分のやりたいことだけやる」

以上。そして、その判断基準は自分自身が心から「やりたいかどうか」。それだけ。

これくらいシンプルにこの世界を見つめ直してみると、自分らしい働き方が見つかるかも。みんなも誰かがつくった”常識”にとらわれすぎずに、自分の心の声に耳を傾けながら進んでみてくださいね!

*=================*

合同会社未来イメージ
代表 加藤朋子

メルマガ登録はこちら

facebookの無料グループ『雑誌ライティングLabo』はこちら


『粒子のおしゃべり会』はこちら
*女性限定グループです。私がInstagram案件や雑誌取材の同行者募集をするのは、このグループだけ。

ビジネスグループ『”遊びの延長=お仕事”にしてみるグループ』はこちら

弊社の『メディア掲載一覧』はこちら

▷【メディア掲載実績】
光文社『CLASSY.2021年8月号』
角川春樹事務所『美人百花2021年11月号』
主婦の友社『RAY2021年10月号』
主婦の友社『mina2021年1月号』
日経BP『日経WOMAN2022年12月号』
日経BP『日経WOMAN2022年5月号』
日経BP『日経DUAL』[PR]知らなきゃ損!学校プリントの時短管理術
日経BP『日経ARIA』両立の壁、離婚、500万円の損…読者の失敗談を公開
日経BP『日経doors』結婚しない人生の先輩に聞く「独身人生のメリット」
日経BP『日経doors』「人生を劇的に変化」させるために実践したこと、やめたこと
日経BP『日経doors』「頭打ちキャリアを救う  本気の学び直し』
リンクタイズ『Forbes career』企業紹介
サンクチュアリ出版『 サンクチュアリ出版チャンネル』
NHK『首都圏ネットワーク』
NHK『BRDER BREAK』
『NHKラジオ』
『読売新聞(2019年4月18日)』
『ソラビジ』経営者インタビュー
『NOWSARA』経営者インタビュー
『女性社長net』経営者インタビュー
『Re-rise News』経営者インタビュー
『WELLNESS BEAUTY WALKING』講師インタビュー
『たまプラ新聞』
『タウンニュース』
など

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

関連記事

一覧に戻る

page top