取材の裏側♡ここだけの話

TOP> 2020年は仕事を通じて、これまでの感謝を表現する(前編)

取材の裏側♡ここだけの話
BLOG

背景画像

TOP> 取材の裏側♡ここだけの話

グランド カーヴ

2020.03.24/取材の裏側♡ここだけの話

2020年は仕事を通じて、これまでの感謝を表現する(前編)

これまでの感謝を書くことで恩返ししたいと思い、お世話になった企業様をブログでご紹介しています。

今回は、新宿伊勢丹の地下にあるワインショップ「グランド カーヴ」の魅力をお伝えします。

新宿伊勢丹の地下にあるワインショップ「グランド カーヴ」をご紹介

私がいくつか執筆させていただいている雑誌の中で、『食楽 』(徳間書店)というメディアがあります。本日は、『食楽 』(徳間書店)で、ヒヨっこ社会人だった私を育ててくれた、伊勢丹新宿店のを取材させていただきました。

入社1年目は、本館1階のハンドバッグ担当として配属。ここでは、毎日たくさんのお客さまと接し、多くのことを学ばせていただきました。

でも・・お酒が好きだったことから2年目にお酒担当を希望。そして地下1階にあるワインショップ「グランド カーヴ」へ、念願の異動をさせていただきました。

このワインショップでの毎日が、ものすごく濃厚で、私をとても成長させてくれました。そもそも「ロゼって何?」「ボルドーワインとブルゴーニュワインってどう違うの?」という基本も知らず、異動したので、全てが新しいことだらけ。

そんな状況でも優しく受け入れてくれて

こっそりワインの知識を教えてくれたソムリエさんやワインメンバーには感謝しかありません。

3年目には商品担当となり、山梨県(勝沼ワイン)や宮崎県(都農ワイン)、栃木県(ココファームワイナリー)・京都(丹羽ワイン)、フランス(ボルドー地方・ブルゴーニュ地方・シャンパーニュ地方)、イタリア(トスカーナ地方・ピエモンテ地方・キャンティ村)など、各地へ伺わせていただく機会もありました。

毎日が学ぶことと、発見の連続。

そんな私が「なぜ今、伊勢丹新宿店を取材したのか? 」。実は今年は、お世話になった方々へ、今の私ができる形で、ひとつづつ恩返ししていこう。というのが、私のテーマのひとつなんです。

だからこそ、この取材が叶った時には嬉しくて。

本日の取材を、すごく楽しみにしていました。
執筆記事はこちら

こちらのショップ、実はワイン好きな方にはぜひ、足を運んでいただきたい場所なんです。あまり知られていないのですが、店舗奥の通路をあ抜けると「ヴィンテージセラー」が見えてきます。

そこには、普段あまり目にすることのない年代ワインがズラリ!

ヴィンテージワインを買うのは、少し、ハードルが高いなという人には、有料のテイスティングバーもあるので、ぜひ試してみてくださいね。

この日ヴィンテージセラーで迎えてくれたのは、ボトリングして、20年目という節目を迎えた「シャトー ムートン ロートシルト 2000」。可愛らしい、ひつじが顔を出します。

そして「ドン ペリニョン レゼルヴ ド ラベイ 1998」も奥から取り出してくれました。こちらのセラーは、ヴィンテージワインばかり置いているので、1本1本がとても稀少なものばかり。

1本しかないヴィンテージのも珍しくないので、一期一会の特別な出会いが楽しめます。

後編では「グランド カーヴ」のもうひとつの魅力をお伝えしますので、お酒好きの方は、ぜひこちらのブログもお楽しみに!


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top