引き寄せPR術

TOP> さすがのイベント進行力

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

2020.07.08/引き寄せPR術

さすがのイベント進行力

オンライン取材が多くなり、いくつか取材させていただく中で、ダイソンのイベント進行が上手だなと感じたのでご紹介させていただきます。

オンラインイベントって、オフラインのイベントがオンライン上に移行しただけ。というお話は、何度かブログでもお話しさせていただきましたが、やっぱり仕切りは大切だなと感じたのでご紹介します。

メディアへの通達と細かな指示が完璧なシナリオ

先日取材させていただいたダイソンのオンライン取材(記事はこちら)。オンラインイベントって、参加予定の取材担当者に事前にURLを送り、資料やざっくりとした内容を送って、イベント当日を迎えます。

この大まかな流れはどこも一緒なのですが

○月○日○時から、情報公開可能です。画像一式DLはこちら(URLを提示)。

などを徹底し、イベント進行が素晴らしすぎたのがダイソンでした。

もうさすがとしか言えない仕切り。

リアルイベントでもこの辺りをきちんと仕切って、さらっと進行できるイベント担当って、何度でもお仕事を依頼したくなっちゃうのですが、それをオンラインでここまで完璧にやったのって、すごいなと思いました。

オンラインだからと言って、なんら変わることはない。

キャスティングも仕切りも、ただただ、すごかったです。

こういうイベントは、解禁のタイミングで一気に情報が露出する。幾つのメディアが、一斉報道したかわかりません。

それくらい一気にタイミングを合わせて露出した。

タイミングが合えば、もちろんトレンドワードとしても上がってくる。ダイソンて、ほんと毎回戦略が上手なんです。

キャッチコピーひとつとってもそう。

学ぶところが多いなと感じます。PRを目指すなら、ダイソンをチェックしておいてもいいかも!と思ったので、今日はダイソンのお話をちょっとだけシェアさせていただきました。


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top