取材の裏側♡ここだけの話

TOP> 民話が息づく『鶴の恩返し』の里にあるワイナリー

取材の裏側♡ここだけの話
BLOG

背景画像

TOP> 取材の裏側♡ここだけの話

2020.07.11/取材の裏側♡ここだけの話

民話が息づく『鶴の恩返し』の里にあるワイナリー

山形県南陽市にワイナリーを構える、「GRAPE REPUBLIC」。この名前、耳にしたことがあるでしょうか?

その土地の土壌、気候、地形などを大切にするテロワールという概念。

山形県に、自然への敬意を示した、素敵なワイナリーがあるのでご紹介します。

本日のお写真は、そんな人気ワイナリーが手がけるのシードル。山形県・南陽市産のふじ65%とラ・フランス35%を使用した、ギュギュっと濃厚な1本です。「GRAPE REPUBLIC」のワインには、ひとつひとつ、どのワインも素敵なストーリーがあり、エチケットで表現しているものも少なくありません。

エチケットを眺めていると、丁寧につくられた想いや豊かな果実味が伝わってきます。

ここのワイナリーは、エチケットひとつで、さまざまなストーリーが紐解ける。人気の微発泡ワイン「デラ フレスカ フリッツァンテ 2019」は、山形県の県鳥であるオシドリが描かれ、土地への深いオマージュを感じとることができます。
執筆した記事はこちら

『鶴の恩返し』の伝説が伝わる地

そして、なんと言っても「GRAPE REPUBLIC」がワイナリーを構える、山形県・南陽市は『鶴の恩返し』の伝説が伝わる土地。織機川(おりはたがわ)や鶴巻田(つるまきた)、羽付(はねつき)など、物語を思い起こさせる数多くの地名が残っています。

土地を歩くだけでも、日本昔話に引き込まれたような不思議な感覚になるから不思議。そんな「GRAPE REPUBLIC」の主力商品、「Dela Giallo Frizzante 2018」のエチケットには、もちろん丹頂鶴が描かれています。

私も以前、ワインのお仕事をさせていただいたいた中で、ヨーロッパのワイナリーを巡りながら実感したのは、どのワイナリーもストーリーに深みがあり、だからこそ根強いファンが存在するんだなということ。

海外のワイナリーで、素敵なストーリーに出会うことは少なくありませんでしたが

今、改めて国内ワイナリーを見渡すと、日本のワインも素敵なストーリーに溢れています。

ということで、今日はワイン好きさんには、ぜひ飲んでみて欲しい「GRAPE REPUBLIC」のストーリーの魅力をご紹介させていただきました。


【プレスリリースを書けるようになりたい方へ】
10日間の無料メール講座はこちら

「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top