アイデアで刺激を!

TOP> これからは編集者の時代

アイデアで刺激を!
BLOG

背景画像

TOP> アイデアで刺激を!

2020.07.25/アイデアで刺激を!

これからは編集者の時代

普段、あまりコンサルを受けることがないのですが、先日久しぶりに、ある方のコンサルに申し込みました。とあるプログラムの、おまけ的なコンサルだったのですが

そこで言われたのが「これからは編集者の時代だよ」ということ

この言葉

とーーーっても嬉しかったんです。

そこで、今日はサクッと編集視点についてお話しします。

編集視点って実は一生役立つお得なスキル

私自身もそうなのですが、編集者って取材して文章書いて、読みやすいように編集します。でね

この『編集できる力』というのが、いろんなことに応用できて、とっても役立つスキルだそうなんです。

確かに・・取材して文章を書く。それだけなら、文章の上手い下手は抜きにして、誰でも書ける気がします。でも編集者は、いかに読みやすくするか。読者が離脱しないように、ワクワクスイッチを入れられるか。

そこに編集の仕事の醍醐味があったりするんです。

このコンサルを受けるまで、文章や雑誌の企画を編集するということは、当たり前のことだと思ってきました(はじめましての方へ。私は実は、元女性雑誌の編集部です)。でもね、

このコンサルを受けて、私の視点て、ものすごく狭かったなと感じました。

コンサル中、「編集者だったら世の中も編集できちゃうよ?」。軽やかにそう言われて「ひゃー、確かに!」って思いました。

だって、世の中のトレンドも、企業も人も、みんなコンテンツなんですもの。これまでの視点が「点」から「世界」へ広がった感じがして、「これだー」と世界がググッと広がりました。

ということで、このコンサルで、パチリと目が覚めたので、これからは

世の中視点で、編集力を思う存分、発揮していくことにします。

今回、この素敵なコンサルをしてくれたのは、この方。編集者の長倉さんです。累計1100万部の書籍世に出している、すごい方です。著書に『ギグワーク』『移動力』『モテる読書術』(全てすばる舎)、『親は100%間違っている』(光文社)、『超一流の二流をめざせ!』(サンマーク出版)など多数。

YouTubeもされているので、チェックしてみてくださいね!


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top