ハートマーケティング

TOP> ネットもリアルも境目が消えた

ハートマーケティング
BLOG

背景画像

TOP> ハートマーケティング

2020.07.29/ハートマーケティング

ネットもリアルも境目が消えた

私たちの生活にすっかり溶け込んだ、AmazonやUberEats。買い物の仕方や情報収集が変わった今、ネットもリアルも境目がなくなってきたのが現代です。

今日はそのネットとリアルの関係性について紐解きます。

消費者はもはや、ネットとリアルを分けて考えたりはしていません。

商品を提供する側の企業は、これを肝に銘じておかなければならなりません。同じ商品なのに明かに価格が違ったり、一物二価と呼ばれる現象が平気で起こってしまっていると、どんどんユーザーが離れていってしまいます。

オムニチャネルって何だろう?

オムニチャネルという言葉を聞いたことがあるでしょうか?オムニチャネル、これは直訳すると「全ての接点」という意味があります。

ひとつひとつが独立したチャネルではなく、全てがつながっているということ

商品情報・在庫管理・顧客情報・購買情報の全てがつながっているので

企業は総合的に、お客さまにアプローチする必要があるのです。

既存の資産(店舗)を有効活用するために、ネットを理解するのが不可欠な時代。企業にとって、決して穏やかな時代ではないけれども、ある意味、誰でも挑戦できる可能性を秘めた時代に、私たちは生きているのです。

ネットとリアルを楽しみながら、互いに自由に行き来できるようになるといいですね。楽しくマーケティングを身につけながら、お仕事につなげられたらいいなと願っています。

(*デジタル時代の基礎知識『マーケティング』参照)
デジタル時代の基礎知識『マーケティング』という、本が、すごく役に立つので、ぜひチェックしてみてください。amazonはこちら


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top