引き寄せPR術

TOP> PRをシンプル化するには、イメージカラーが鍵

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

2020.09.21/引き寄せPR術

PRをシンプル化するには、イメージカラーが鍵

実は先日、弊社がある企画に参加したのですが、それが書籍化されるというお話がありました。で、書籍化の話を受けた際、編集担当者から「コーポレートカラー」を聞かれたんですね。

このコーポレートカラーが、PR的にもめちゃくちゃ大切なので今日はそんなお話をします。

PRと広告の違いについては、ブログで何度かご紹介させていただいていますが、第三者に企業や人・スキルをおすすめしてもらうときに

企業や個人のイメージが固まっていないと、どうしてもおすすめしにくいですよね?だからこそこのイメージを固めてしまうことが

PR的に大切ですし、ブランディングにも繋がります。

わからないときはカラーだけ決めておく

イメージを固めてしまうといっても、SNSで発信しまくるのは難しい。ブログもちょっと・・そもそも文字を書くのが苦手すぎる。

という人は、イメージカラーを決めてしまうととっても楽ちん。

例えばちょっと黒みがかった、オレンジ × レッド × グリーンを見ると、セブンイレブンを連想しませんか?

ホワイト × ブラック × ブルーを見ると、MONO(消しゴム)を連想しちゃうとか。

ティファニーブルーを見ると、全然ティファニーの商品じゃないのにティファニーを連想しちゃうとか。そんな感じです。

カラーで印象づけを落とし込めると、PRをするときも相当な手間が省ける。

とあるPR会社の社長さんは、コーポーレートカラーに合わせて、PCの背景はもちろん、自分の所持品(バッグや手帳カバーなど)もカラーを統一していると話していました。

PRを使いこなしている人は、カラーの見せ方にもさりげなく拘っているんです。

それくらい重要な鍵を握るのが、カラーで表現される部分。

PRって難しい・・とかなんとなく自分の軸が決まらないというときは、あるカラーを決めてしまって、HPやSNS、自分の持ち物でどんどん表現していきましょう!

「○○色の人・企業」として、脳の記憶に残りやすくなるので

お仕事の話もグッとスムーズになりますよ!ということで本日は、イメージカラーのお話しでした。


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top