アイデアで刺激を!

TOP> プロライターが電車の待ち時間にクラウドをやったらどうなるのか?(というゲームをやってみた)

アイデアで刺激を!
BLOG

背景画像

TOP> アイデアで刺激を!

2020.12.05/アイデアで刺激を!

プロライターが電車の待ち時間にクラウドをやったらどうなるのか?(というゲームをやってみた)

最近、おうちで仕事をすることが多いのですが、先日とあるライティングの
ライブ配信を見ていて、「書くスキルを身につけてクラウドで稼ぐ」みたいなことを言っていたので

本業ライターがクラウドに登録したら、どれくらい稼げるのか?を試してみました。

1日5分程度、とりあえず2週間やってみた

クラウドって、文字単価で仕事をする人が多いと聞いていたけれど、普段は案件ベースで仕事をしています。というのも、文字単価って、要するに・・

的確に簡潔に文章をまとめるよりも、だらだら書いた方がお得な制度ってこと⁉︎え?どういうこと??

と思ってしまうからです。でも、今回はとりあえず、クラウドに登録だけはしてみました。そして・・

ひとまず2週間(実働は5日くらい)。1日5分程度試してみた結果、入金されたのは約1万円。

普段の仕事スタイルとは、全く違うので「ひゃー!めちゃくちゃ金額が少ない」と感じてしまいましたが、ライティングの練習とか、ランチ代やお茶代に・・という気軽な感覚ならいいかも。

頭でわかっているのと、行動としてできるのは違うので、ゲーム感覚でクラウドに参加してみた速報でした。

私が試してみたのは、あくまでも『ライティング』というカテゴリー。他のカテゴリーなら、また違う結果が出るのかもしれません。

ということで今日はさっくり、ゲーム感覚で登録したクラウドの速報レポートをお届けしました。


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top