引き寄せPR術

TOP> ブランディングで情報の迷路から突き抜けろ

ブランディングで情報の迷路から突き抜けろ

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

2020.12.06/引き寄せPR術

ブランディングで情報の迷路から突き抜けろ

毎日生活していると
無意識のうちにたくさん
広告を目にします。

駅やコンビニ、電車内など
「これでもか!」ってくらい

ものすごい量の
いろんな情報が入ってきます。

そこで、今日は情報の渦の中で
突き抜けるための

ブランディングの必要性について
お伝えします。

無限の情報!
うっかりしてると
情報迷子に

日々の生活の中で
私たちが目にする
ブランドの数

って考えたことありますか?

いや・・そんなこと
考えないですよね!
考えないのが普通です。笑

広告関係者とか
その業界関係者でないと

改めてこんなこと
考えないと思います。

でね、その数なのですが

人が無意識にキャッチしている
広告やロゴを含めると

私たちは毎日
数百〜1000程度のブランドに
接していることがあるんです。

数百〜1000!

予想以上にたくさんのブランドと
接していませんか?

歩いていても、ネット上でも
SNSでも、TVや雑誌をみていても

私たちはいつも無数の広告を
目でキャッチしています。

あ、ちなみに私は
元広告代理店の社員でしたが

「日常でどれくらいの
ブランドに触れているのか?」

なんて考えたことが
ありませんでした。笑

起業してPRをするようになって
改めてブランディングの
大切さに気がついた感じです。

埋もれるか
自分らしさを出すか

自宅にあるファッションや家電
近所のコンビニや駅。

前を通り過ぎるだけでも
たくさんのロゴが
目に飛び込んできますよね。

普段、全然意識しないかも
しれませんが

私たちは商品パッケージから広告まで
あらゆるブランドに
囲まれながら生きているんです。

このように無数の広告・ブランドに
囲まれている私たちの生活。

逆を言えば
意識してブランディングしないと
埋もれていってしまうんです。

例えば買い物するときに
何も書いていない
「白い箱」が並んでいても

何を基準に買い物すればいいか
わからないですよね。

だからこそ
自分の商品・サービスを

誰かが説明しなくても
なんとなく心にひっかかる。
気になる。

存在にする
ブランディングを取り入れる
必要があるんです。

ということでブランディングは
PRに欠かせない大切な要素。

PRをする人はブランディングは
頭の片隅に
入れておいてくださいね!

どのようにブランディングを
構築していくのかは
またの機会にお伝えします。

今月中に改めて
プレスリリースの書き方をお伝えする

プチ講座を告知しますので
気になる方は
メルマガにご登録を。

プチ講座は枠が少ないので
メルマガ先行
でご案内します!

ーーーーー

「PR×ライティング」について
知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でも
メディアトレンドを発信
しています!

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top