引き寄せPR術

TOP> 広告とPRは使い方次第!

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

2020.12.11/引き寄せPR術

広告とPRは使い方次第!

先日のブログで、スターバックスコーヒーについて触れてみました。そこでお話しした「ズドンとした一貫性」。

ズドンとした一貫性って何?という方へ。せっかくなので、ちょっとだけスタバの世界を覗いてみましょう。

今や世界的に展開しているスターバックスコーヒー。どこの国に行っても見かけますよね!カナダ・バンクーバーなんて数mごとにスタバが並んでいて。初めて、10代で訪れたとき驚きました。

そんなスタバは、プライベートやお仕事の打ち合わせで利用する人も多いのではないでしょうか?普段、何気なく利用していると、あまり気にしないかもしれませんが

実はスタバは入店時「いらっしゃいませ」と声をかけられることがほとんどありません。

聞こえてくるのは「いらっしゃいませ」よりも、「こんにちわ!」「こんばんわ」という挨拶。

これって店舗指導で「こんにちわと言ってください」と指導があるわけではないそうですが、自然とこういうご挨拶になっているそうです。

自分ごとになるコミュニケーション

店舗指導で指示されていないのに、なぜ「いらっしゃいませ」と挨拶しないのか?その答えは

個人的な関係性を感じさせる文化に、価値があるとされているから。

型にハマったお決まりの挨拶よりも、「個人」のつながりを大切にしているんです。ソファーの置き方も例外ではない。坪単価で考えると効率は悪いですが

「リラックスできるサードプレイス」を象徴するブランディングのひとつ

として知られています。こうやって、世界観に一貫性があって「ズドンとした一貫性」をつくれるのってすごいですよね!

スタバが広告を利用しない理由は、この世界観にあるんです。広告もPRも使い方次第で、プラスにもマイナスにもなるので、上手に使い分けてみてくださいね!


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top