引き寄せPR術

TOP> 2021年度のPRを締め切ったワケ

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

2021.01.15/引き寄せPR術

2021年度のPRを締め切ったワケ

2021年1月10日に、2021年度のPRを、一旦締め切らせていただきました。とはいえ、ご予約というカタチにしてお待ちいただいている企業様や個人様が、ありがたいことに10組ほどいらっしゃいます。

ではなぜPRを締め切ったのか?今日はそんなお話です。

ご満足いただくために長期的に計画したい

2020年、短期・中期・長期を合わせて、10社くらいのPRを担当させていただきました。そんな中、感じたのは

短期的PRは、私のPR目的とはズレているなということ。

PRにも色々あるので「とりあえずメディアに出たい」というご依頼主様もいらっしゃいます。でも、それって

「メディアに出てどうするの?」というのが私の印象。

メディアに出たいだけなら広告で十分だと思います。短期的にヒュンと露出し、メディアに取り上げてもらいたいなら広告で十分。というより、むしろ広告の方がいいのではないかしら?とさえ、思います。

もちろん、PRとメディアは相性がいいので、互いにプラスになるように上手に使えたら

グンと認知度もアップして、売上アップにも繋がります。

でもこれには、

大前提としてPR設計が欠かせません。

・PRを通して何を伝えていきたいのか?
・そのブランドがどうありたいのか?
・未来にどんな企業・人になっていたいのか?

をしっかりヒアリングして、そこに向けて行動する必要があります。私が行うPRはここを大切にしています。でも、ここが見えていないのに、メディア露出を狙っても、いわゆる

一発屋になってしまうのではないかな?

と感じることが多いんです。だからこそ、過去に担当させていただいたクライアント様に関しても「短期的PRは、私のPR目的とはズレているかも・・」と感じてしまうこともありました。

PRをする立場の人は、クライアント様の将来像をヒアリングして、PR計画を立てなければいけません。でもこれって、(弊社が不慣れなだけかもしれませんが)そんなにサクサクできるものではなくて、結構時間がかかったりします。

だからこそ、

担当させていただくクライアント様としっかり向き合いたいなと思って2021年度のPRの受付を一旦締め切らせていただきました。

今、「PR×ライティング講座」を少しづつ増やしているので、お仕事お願いできるようになったら、受講生にもお声がけさせていただけたら嬉しいな。

まずは、2021年度のPRをご依頼いただいた企業様・個人様にしっかり、ご満足いただけるよう、私自身も日々、精進させていただきます。


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top