引き寄せPR術

TOP> コロナ禍はPRチャンスが満載

引き寄せPR術
BLOG

背景画像

TOP> 引き寄せPR術

2021.02.13/引き寄せPR術

コロナ禍はPRチャンスが満載

コロナ禍、お仕事が激減してしまった・・なんて声も聞かれますが、視点を変えるとその逆の現象も起こっていたりします。この世界はすべてバランス。マイナスになることがあればプラスになることもある。

コロナ禍で一見、PR業界も打撃を受けているように見えますが、その裏で増しているPRのチャンスについてお伝えします。

視点をクルリと変えて世界を俯瞰する

お仕事で、いくつか雑誌記事を執筆させていただいている関係で、昨年(2020年)末から今まで、バレンタインに向けたチョコレート記事を執筆してきました。

今週末にバレンタイン(2/14)ということもあり、チョコレート記事ばかり書いてたのですが、先日、こちらの記事がひと段落したので、改めて雑誌編集部に届くプレスリリースを見直してみました。

そうしたら・・・あることに気がついたんです!

というのは、今年は例年に比べて圧倒的に、プレスリリースの数が少ないということ。私は雑誌の編集部に所属しているので(雑誌ライターの外部スタッフです)雑誌のお話になってしまいますが、実は、例年だと編集部に届くプレスリリースの数って星の数ほどあるんです。

その中から取材候補を決めるわけですが、緊急事態宣言もあり、環境の変化も激しいからか、実は・・今年はプレスリリースの数がとっても少ないんです。

これって裏をかえせば、競争相手が少ないということになります。

PR・広報部門の方からするととっても有利な状態なんです。コロナ禍なのでプレスリリースに書く内容が少ない(汗)という方もいらっしゃるかと思いますが、ぜひ何か切り口を考えてメディア向けにアプローチしてみてください!

今ってライバルも少ないので本当にチャンスですよ!

ちょっと信じられないくらいに、取材リストに上がってくるプレスリリースの数が少ないので、今だと「書いたもの勝ち!」という感じです。

ぜひ広報部門の方は積極的にプレスリリースを執筆してみてください。コロナ禍でもPRのチャンスはゴロゴロしています。ぜひこのチャンスに、アクションしてみてくださいね!


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top