アイデアで刺激を!

TOP> キーワードは「ギフト(前編)」〜キングコング西野亮廣さんのコンサルを受けてみたVol.1〜

アイデアで刺激を!
BLOG

背景画像

TOP> アイデアで刺激を!

nishino1

2020.04.14/アイデアで刺激を!

キーワードは「ギフト(前編)」〜キングコング西野亮廣さんのコンサルを受けてみたVol.1〜

実は昨年(2019年)10月から、『子ども起業家プロジェクト』の立ち上げを、サポートさせていただいていました。私自身、講師として「子どもにもわかる『お金』のお話」 をさせていただいていたのですが、10月〜3月までの講座は『プレセミナー』と位置付け。

2020年4月からは、本格的にスタート!

と思っていた矢先、緊急事態宣言 & 外出自粛となり、全面オンラインへと切り替えることになりました。そこで、これからどうすればいいかの戦略を立てるべく、キングコング西野亮廣さんのコンサルで、アドバイスをいただいたので、内容をシェアさせていただきます。

ビジネス初心者の主婦が、急遽開催した無料zoom説明会。2日間で約80人が参加

緊急事態宣言を受け、先日、『子ども起業家プロジェクト』の主催者が急遽、無料zoom会を開催しました。内容は『zoomの使い方』などを、子どもたちに解説するもの。残念ながら私は参加できなかったのですが、2日間で約80人が参加してくれたそうです。

起業したての主婦の方が、2日間で約80人の集客って、すごいですよね。ビジネス初心者の主婦が、なぜこれだけの人数を集客できたか。そのポイントをお伝えします。これほどまでに、集客に成功した秘密は・・

企画募集した時間帯にありました。

例えば、ランチの準備をしたい時間(10:00~11:00)。そして片付けや洗濯など他の家事をこなしたい時間(13:00~14:00)に募集をかける。そうしたところ、予想以上の子どもたちが参加したそうです。子どもたちがzoomに夢中になっている間に

ママの時間も確保できるので、子どもはもちろん、ママの満足度もアップしたそう。

ただ参加してくれたのは、元々知り合いで、応援してくださっているママメンバーがほとんど。ひとりひとりには感謝の気持ちしかないですが「これをビジネスとして継続していくことって難しいのでは…!?」と感じたそうです。

そこで、ヒントを探すべく『子ども起業家プロジェクト』オーナーが申し込んでくれたのが、今回のキングコング西野亮廣さんのコンサルでした。

コンサルで教えていただいた最初のポイントはこちら。

①オンラインはオフラインより厳しい!?このプロジェクトが抜きん出るならココがポイント!
②圧倒的キーワードは「ギフト」
③プロジェクトオーナーに明確な理念がある

今日は『①オンラインはオフラインより厳しい!?このプロジェクトが抜きん出るならココがポイント!』についてシェアさせていただきます。

外出自粛を受け、世の中がハイスピードで、オンラインに切り替わっていていますよね。そんな中、オンラインで抜きんでるのって、どうすればいいかわかりますか?例えば…

・このプロジェクトは「子ども起業家」を育てることが目標
・急遽開催した無料zoom会は2日間で約80人が参加

という実績はありますが、もしホリエモンさんが「子ども起業家を育てるプログラムをスタートしまーす」と告知したら?西野さんが「急遽、無料zoom会を開催します」ってツイートしたら??

一瞬で追い越されてしまいます。

その理由は、もうすでに圧倒的に密度の高いファンが存在しているから。オンラインは、誰でも発信できるお手軽ツールではあるけれど

ひとつの分野で抜きんでるならNO.1(あるいはそれに準ずる立ち位置)にならないと、ちょっと厳しかったりもします。

そんな中『子ども起業家』を育てる、プロジェクトオーナーは起業したばかり。ビジネス経験のない主婦。これから「どうやってビジネスとして戦っていくのか?」コンサルではその相談をさせていただきました。

起業したばかりの人が、オンラインの場で戦うにはどうずれば良いのか?

そのヒントは『相手にはなくて自分が持っているもの』にありそうです。

先ほどの例で例えると「ホリエモンさんになくて私たちにできること」ってなんだろうと考えてみること。例えばオンラインでのビジネスは、熱狂的なファンと既に認知度が高い、ホリエモンさん西野さんにはかなわない。

彼らが一言「子ども起業家育てまーす」と、発したら、私たちの(子ども起業家を育てる)プロジェクトは、一瞬で影になってしまうと思います。

だったら何をすればいいのか?私たちのプロジェクトにあって、ホリエモンさん西野さんにないもの。それを探してみる必要があるのですが

迷ったら、地域性を使うといい

西野さんがアドバイスをくださいました。具体的には、ホリエモンさんが入れない(入りづらい)地域密着の部分。オンラインの学習教材が、こんなに普及しているのに

「公文」が廃れない理由がここにあります。

公文は地域密着型教育の代表例。

地元にファンがいて、生活に溶け込んでいて、細やかなケアをしてくれます。

この細やかなサポートこそ、ホリエモンさんが入れない部分なんです。だから公文は ホリエモンさんが「教育事業に参入します」と宣言しても、別のフィールドで戦える。

そもそも戦う必要がないし、別フィールドでポジションを確立できるんです。

緊急事態宣言を受けた今だからこそ、オフラインの強み=『地域性』を使ってみる。例えば、身近な例で例えると「地元の飲食店を応援する」「地元の人に何かを還元する」ということをしていったら、その地域と強い絆が生まれると思いませんか?

オフラインの強み=地域性を使うことが弱者の戦略のひとつ。

なんです。『子ども起業家プロジェクト』の場合、応援してくれる人たちや地元のママさんたちが相談したい時に、「何時から何時までは、電話に出ます。なんでも相談してくださいね!」と告知して

ルールをつくって電話やLINEで細やかなサポートができたら圧倒的な強みになる。

これがひとつの答えになりそうです。「『電話』は唯一残っている『地域性』を使える強みかも..」と西野さんもポツリ。ヒントは「電話」「地域性」「相手になくて自分にあるもの」 にありそうな気がします。

ちょっ長くなってしまったので

②圧倒的キーワードは「ギフト」
③プロジェクトオーナーに明確な理念がある

については次回、ご紹介させていただきます!サロンメンバーになると、毎日たっぷりヒントが届く、西野亮廣エンタメ研究所 。1000円とは思えないほど、有益な情報がシャワーのように降ってきます。

本当に心地よく 浴びまくることができるんです。迷ったらぜひ、西野亮廣エンタメ研究所に入ってみてくださいね!


【プレスリリースを書けるようになりたい方へ】
10日間の無料メール講座はこちら

「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top