アイデアで刺激を!

TOP> ほとんどの人がYouTubeの捉え方を間違っている!?〜キングコング西野亮廣さんのコンサルを受けてみたVol.3〜

アイデアで刺激を!
BLOG

背景画像

TOP> アイデアで刺激を!

YouTube

2020.04.16/アイデアで刺激を!

ほとんどの人がYouTubeの捉え方を間違っている!?〜キングコング西野亮廣さんのコンサルを受けてみたVol.3〜

私はいつも原稿やブログを書くとき、YouTubeで「○○作業用」と検索して、心地よい音楽を流してしまうのですが、YouTubeをそんな風に使っている人って、少なくないのではないでしょうか。

こんな風に、すっかり人々の暮らしに溶け込んでいるYouTube。オンライン化が加速して、「配信をはじめてみよう」と思っている人も多いはずです。

そんな中、先日キングコング西野亮廣さんのコンサルを受けたのですが、その時も、YouTubeが話題に上がりました。でも・・衝撃的だったのは

ほとんどの人が、YouTubeの捉え方が間違っているという事実…。

YouTubeの何が間違っているのか、西野さんに伺ったお話を、シェアさせていただきます。

YouTubeの捉え方に勘違いが生じている!?

①登録者数や再生回数よりも大切なこととは!?
②ポイントは「気持ちよく投げ銭できる金額」

の2つのポイントを解説します。

①「登録者数や再生回数よりも大切なこと」について。

YouTubeの話をすると、どうしても登録者数や再生回数が気になってしまいがちですが、それよりも重要なものがあるそうです。

そんなこと考えたことがありますか?

お恥ずかしながら、私は全く意識していませんでした。その重要なことはズバリ

再生ボタンのすぐ下にある概要欄

だそうなんです。「え?それってどういうこと?」と気になっる方。ペットボトルロケットをご存知でしょうか?再生回数がグングン伸びた、いわゆるバズった動画です。子どもから大人まで、たくさんの人の目に触れました。

ご存じない方は、今すぐ検索してくださいね。でもこの動画、

確かにバズった動画ではありますが、「バズる≠ビジネスに繋がる」なんです。

これは西野さんの実体験だそうですが、ペットボトルロケットの再生回数が伸びても、オンラインサロンに繋がったりファン化したり、コアなファンには繋がらなかったそうなんです。

では、ここから何が学べるのか。

YouTubeに必要なのは、「概要欄」を クリックさせたくなる動画をつくるということ。YouTubeの「概要欄」って見たことがありますか?概要欄にはURLを貼ることができます。もちろんSNSやHPに飛ばせます。要するに

概要欄をクリックしてもらえたら、ファン化する確率が、グッと上がるということなんです。

そもそも興味もなければ、概要欄をクリックしたりしないでしょう?ここがポイント!

「概要欄をクリック」→「ファン化」の導線をつくるために

登録者数や再生回数よりもまず、概要欄をポチッとしたくなるような内容を考えることが有益なんです。

そしてそして・・もうひとつのポイントは、数ヶ月・数年経った時に

検索してもらえる動画内容は圧倒的に「流行性 <  普遍性」

「流行ってるから便乗しちゃおう♡」 と、内容構成することも悪くはないのですが

基本的には普遍的な、テーマで話していた方がお得!

そして、この概要欄に、書くべきなのは URLだけでなく…②なんです。

②ポイントは気持ちよく投げ銭できる金額

概要欄で書き忘れてしまいがちですが、必須でつけていただきたいのは

投げ銭できるボタンかURLなんです。

そもそも西野さんのオンラインサロン、西野亮廣エンタメ研究所 も毎月1,000円と破格ですよね。「毎月1,000円だったら、自動課金されてもいいかも。のぞいたら面白そう!」 となりませんか?

これと同じ要領、(「○○いいかも!」の気持ちをアレンジする)で、YouTubeの概要欄に投げ銭できるボタンかURLを付けてみるんです。

ここで、「投げ銭できるボタンをつけるのはいいけれど、設定金額って具体的にどれくらい?」と思う人も多いかと思いますが、例えば500円だったり300円だったり。under1000円がベストだそうです。

「500円だったらいいかも。面白そう!」の心理です。

しかもなんと言っても、YouTubeの良さはアーカイブ。何かを検索していて、1年後に観てくれる人もいる。

その時に興味が沸けば、概要欄をクリックする。概要欄を見たら、投げ銭ボタンがある。心地よく投げ銭できる金額だったら、ポチッとしてくれる。

そんなイメージです。だって、YouTubeの内容が素晴らしくて、最後に300円の投げ銭ボタンがあったら「ありがとう」の気持ちを込めてポチッとしたくなりませんか?

この原理、実はいろんなところで使われていたりするんです。

例えば、神社の境内でお金が入っている池を目にしたことはありませんか?池は綺麗にすればすむことですが、掃除の時間に全て回収しないのは、「ここってお金を入れる場所なんだ」と示すために、わざと掃除しない神社もあるんです。

これは「お金が欲しい」というイヤらしさから発するものではなく、大切なのは

人が「お賽銭したい」「○○したい」と感じる時に、その環境を整えておくということ

これだけでググッと、YouTubeからの流入が変化するそうなので、ぜひ試してみてくださいね!毎月たった1000円の投げ銭感覚で楽しめる、オンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所 。ぜひチェックしてみてください。


「PR×ライティング」について知りたい方は

メルマガ
facebookの無料グループ
LINE@

でもメディアトレンドを発信しています。メルマガはお得な情報を、いち早くお届けするのでぜひ、ご登録ください。

タグ:

関連記事

一覧に戻る

page top